旅行・地域

2009年10月18日 (日)

マレーシア旅行 3日目

8/24(月)
○ツアーの集合場所現地ツアーの集合場所は、滞在先のホテルまで車で迎えに来てくれるパターンが多いようです。
もちろん事前に確認は必要です。
ツアーのガイドは会社のロゴの入った緑のポロシャツで、ホテルのロビーで待っていてくれました。
ガイドはたぶんツアー会社の店長のマイケルです。
車は19万キロ走った古いベンツです。
なぜか隣に現地の方が乗っていました。最初、別のツアー客かと思いましたが、マイケルの奥さんでした。奥さんは英語が話せません。

Dscf0171

○バトゥ洞窟ホテルを出て15分ほどで巨大な像を見ることができます。
まずこの巨大な黄金の像に圧倒されます。
ここはヒンドゥー教の寺院です。鍾乳洞の中に寺院があります。
洞窟に入るには272段の急勾配の階段を登らなければならず、往復で1時間ほどかかりました。
一番奥でお坊さんから花をもらい額に灰を付けてもらいました。神のご加護がありますようにということなのでしょうか?第三の目が開いたのかもしれません。
マイケルに注意されたのは、サルがいるからポケットに物を入れるなとのことでした。サルがポケットの中のものを取っていくそうです。実際サルがいました。洞窟の中にサル?とも思いましたが、洞窟の奥の方は地上への穴が開いていているのでここから自由に出入りできます。


お土産屋で面白いものを発見!

○マレーシアの高速道路 マレーシアの高速道路には現在のところ、ETCは無いようです。変りにICカードを使って、料金所で所定の場所にかざすと通過できます。現金を支払うよりは便利です。

Dscf0219

○昼食昼食は小さな中華レストランでとりました。中華料理店の店先につるされている鳥を小さく切ったものと、モヤシを炒めたもの、チキンスープとライスです。鶏肉はなかなかおいしいです。

○ゴムの木途中で車を止めると、道端の樹木の表皮をマイケルが削ってみせます。これはゴムの木でこうやって削ると生ゴムが取れると見せてくれました。8時間ほどでコップ1杯の生ゴムが取れるそうで、朝のうち、木が地中より水を吸い上げる時間帯の方がゴムの出がよいそうです。

○Donation(寄付)の方法クアラガンダ・エレファント・サンクチュアリー(Elephant Sanctuary Kuala Gandah)では入場の際、「Donation(寄付)」が必要です。
MMアドベンチャーのマイケルから「1人10リンギット(約300円)でいいよ。それ以上、出す必要はないよ」と言われます。
この料金はツアーには含まれていません。ここは本人が行うしかないので、申込書に私の名前と10リンギットと記入して提出しました。
妻と2人でしたが私の申込書だけで2人分の入場券(ステッカー)をもらえました。1人150円で済みました。

○鹿公園にも行きたい場合今回のツアー表にはエレファント・サンクチュアリーから車で10分ほどのところにある鹿公園も時間があれば少しだけ見れるとありましたが、あまり余裕がなかったので飛ばされたようです。
行きたい場合は、マイケルにあらかじめ依頼しておけば、出発時間、バトゥ・ケイブの観光時間、食事時間などを調整してくれると思います。

Imgp8810

Dscf0262

象さんと一緒に川で水遊びができます。川は茶色ですが、汚れているわけではなく、きれいです。

Imgp8926

象さんは川に寝そべっています。

○エレファント・サンクチュアリーでは、まず30分程、野生の象を住みやすい場所に移すドキュメンタリービデオを見ました。
その後、小象に触り、象にパパイヤ、スイカなどのエサを直接あげて、象に乗る、象と水遊びして終了です。
まず、係員が象をきれいに洗います。象さんは水浴びが大好きなようで、体としっぽ、お鼻をゆらして、洗われています。
中には寝そべってお腹を洗ってもらっている象さんもいます。象さんの体には硬い毛がいっぱい生えています。手のひらを体にあてると温かいことがわかります。
つい最近まで、ここで象を操縦するのに刺のついた棒が使用されていたのですが、来園者からの批判で、刺の無い棒を使うようになっています。
象さんは鼻を手の様に器用に使ってエサを食べることができますが、直接口にエサを持っていっても食べてくれます。私は象さんの舌を触りました。大きくて温かいです。
象さんに乗ると象さんの背骨を感じます。歩くと骨が動くのがわかります。地上から結構高い位置になります。

Dscf0281
ロティ・チャナイ

帰り道の途中で、ロティ・チャナイというインド料理を食べました。ナンのような味ですが、ナンのようにふっくらしていません。これをカレールーにつけて食べるのですが、軽食にもってこいのおいしさです。店員さんが生地を伸ばしているのを見ましたが、鮮やかな手さばきです。

Dscf0332

バイクに乗っている人で、ジャケットを前後逆にして、チャックを閉めないで着ている人を見かけました。
マイケルになぜか尋ねたところ、普通に着ていると、空気が入ってジャケットが膨らむのを防ぐ、又は風防のためだそうです。
中には革ジャンを逆に着ている人もいました。

戻ってきて、ショッピングセンターに行きました。本屋で英語の漫画を買いました。妻はドラえもんの中国語バージョンを買いました。他にクレヨンしんちゃん、ナルトなど日本の漫画がマレー語で売られています。

Dscf0306

クーシンサイ

Dscf0307

ティッカン・パッカンといっていました。焼き魚です。

Dscf0304

また屋台街に行きます。
今夜は、タイガービールとクーシンサイ、焼き魚です。焼き魚はエイです。
肉厚でさっぱりしていておいしいです。
疲れている性もあってタイガービール1本半で大分酔いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

マレーシア旅行 2日目

8/23(日)
ホテルの朝食はビュッフェ形式です。マレー料理、中華料理、インド料理、洋食、どれもおいしいです。オムレツとパンケーキは、注文するとその場で作ってくれます。

Dscf0051
このワッフルもおいしー。

Dscf0069
ホテルの入り口にて。

ホテルの前で記念撮影をして、ショッピングへ出発です。

モノレールに乗って、チョーキットに行きました。地元の商店街といった感じのところで、観光客が行くところではないと思いますが、こういうところの方が変わった商品に出会えるのでいつも楽しみにしています。

Dscf0075
地下鉄カード

Dscf0076
ブキビンタン駅のホームにて。

モノレールでは窓口で目的地をいって、料金を払うと、カードをくれます。このカードを矢印ランプのついている改札に差し込み入場します。カードは必ず回収しておきます。モノレールの本数は多いようであまり待たずに乗ることができました。降りるときはカードを改札に入れて出ます。

マレーシアではサンダル専門店が多いです。それからハイヒールを履いている女性をあまり見かけません。

チョーキットの商店街を歩いていると、靴屋さんに日本語のサンダルがありました。「学年だより」とあります。子供向けなのでしょう。

Dscf0083
このサンダルは何?

更に歩くとスーパーがありましたので、そこでしばらく買い物を楽しみました。

トイレは基本的に有料トイレです。有料の方がきれいなので安心して使えるというメリットがあります。こういうときのために小銭は用意しておいた方がよいです。スーパーの中の有料トイレは30セン。1リンギット(約30円)=100センなので、約9円です。

Dscf0088

有料トイレには必ず受付係がいます。

イスラム風のグリーティング・カードがいろいろとありましたので、これをいくつか求めました。

スーパーマリオブラザーズのヨッシーそっくりのキャラクターを使った筆入れ。どう見てもパクリです。

Dscf0090_2
恐るべしピーナッツジュース

妻がピーナッツジュースを買いましたが、これは大失敗です。生のピーナッツを絞ったような、酸っぱいようなすごい味です。これはいけません。こういうときは、マンゴージュースに限ります。失敗したことはありません。
Dscf0101
エビ麵最高!

チョーキット駅から別路線の駅まで1キロ程歩く途中に小さなレストランがありましたので入りました。ここで食べたのが、プラウン・ミー(エビ麺)です。エビの甲羅から取ったと思われるスープに蕎麦のような麺が入っています。このスープが絶品です。あまりにもおいしかったので、他の店でもこのプラウン・ミーを試しましたが、ここが一番おいしかったです。

Dscf0113
セントラルマーケット入口

モノレールに乗って向かったのはセントラル・マーケットというショッピングスポットです。
水槽の中に足を入れると小魚が足の角質を食べてくれるというのをやっていました。

その後、中華街に行って、ドラゴンフルーツを食べました。日本だと高級な果物ですが、ここで果物は、安い値段でいたる所で食べることができます。

更に、フレッシュジュースとナシゴレンを食べて、歩いていると、不思議な飲み物を売っている出店を見つけました。
龍眼水(ローガン水)というそうです。黒糖と蜂蜜を溶かしたような味で、健康によい飲み物とのこと。さわやかな飲み味でした。

Dscf0121
これはフレッシュジュース

象さんと水遊びをするので、サンダルがほしいなと思っていたところ、クロークスのサンダルを見つけました。クロークスにサンダルなんかあるのか不明ですが、履き心地もよいので、ちょっと値引きしてもらって購入しました。

中華街からホテルまで歩いていけるくらいの距離でしたが、大分歩いて疲れたので、モノレールに乗ってホテルへ帰りました。
夜は昨日と同じ屋台街に行きます。

Dscf0157
ドリアンのパック

果物の王様ドリアンを初体験です。出店でパックになって売っていますが、かなり臭いです。臭いのを気にせず口に入れると、不味くはないです。アボガドのような感じもしますが、おいしいのではないでしょうか。種が大きいので、見た目ほど食べる量はないです。

ドリアンとお酒は絶対に一緒に飲んではいけないので、今夜はスプライトを飲むことにしました。

Dscf0158

サティはピーナッツソースがおいしい。


Dscf0167
キブラの矢印

ホテルの天井の隅に「KIBLAT」の矢印がありました。これはメッカの方角を示しており、イスラム教徒はこの方角を向いて礼拝するのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)