« 【3D-Coat】 インポート・エクスポートではボクセル密度を統一すべし! | トップページ | 【maya 覚え書き】 ノーマルマップの作成方法 »

2010年8月30日 (月)

【3D-Coat】 ボクセル密度が変わるとき

Ws000037_2
ボクセルツリーのボクセル密度表示([2x]など)は「空間変形」(ボクセルモードの「調整」→「空間変形」)
で拡大または縮小を行うことでも変化します。(他に「1/2縮小(密度増加)」、「複製して密度半減」等)

ツリー上の表示は
拡大すると[1.0][0.9][0.8]~[0.0]まで小数点第1位までの表示。
縮小すると[1x][2x]~[100x]以上表示可能。
・・・となるのですが、[1x]は1倍ではなく1.2倍など小数点以下の「縮小」が行われた際に表示されます。
拡大縮小とボクセル密度が反比例なので注意が必要です。

ボクセル密度を変更したくない場合は、新規レイヤーを作成し、そこに「~へコピー」→元レイヤー削除等で対処しましょう。
(「空間密度を複製」という便利なコマンドもあります)

なお、空間変形で移動すると座標軸も変化するため、レイヤーの右クリックメニューで「グローバル空間へ変換」しておきます。
これで「対象コピー」でワールド座標で軸対象のコピーができます。

|

« 【3D-Coat】 インポート・エクスポートではボクセル密度を統一すべし! | トップページ | 【maya 覚え書き】 ノーマルマップの作成方法 »

3D-Coat」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281038/36437482

この記事へのトラックバック一覧です: 【3D-Coat】 ボクセル密度が変わるとき:

« 【3D-Coat】 インポート・エクスポートではボクセル密度を統一すべし! | トップページ | 【maya 覚え書き】 ノーマルマップの作成方法 »