« modoからVueへのエクスポート | トップページ | COLLADA コラダでmodoをコラボする! »

2010年5月17日 (月)

modoからVueへ OBJファイル受渡し

modoでペイントしたオブジェクトをVueへ読み込ませるには、ファイル形式ごとの一長一短あるようですが、LWO(ライトウェーブ)形式だと表示できます。
しかし、いろいろ調べてみると、LWOではUVが壊れるとのこと。

ここでは一般的なOBJ形式で受渡しする方法を記載します。

Ws000021
OBJ形式では、Vueで読み込んだ状態ではオブジェクトが真っ黒です。
これを手作業で画像ファイルをしていします。

Vue8での指定手順以下のとおりです。

Ws000022
1 F6キーで「Summary of materials」(質感一覧の表示)を起動。
2 読込みできなかった真っ黒のオブジェクト画像をダブルクリック
3 「Material Editor」(マテリアルエディター)が起動。

Ws000023
4 左下の「Color Map」の真っ黒画像をダブルクリック

Ws000024
5 画像選択画面が表示されるので、左下、ファイルを開く画像をクリックし、ファイルを指定すればOKです。

Ws000026
カラーマップにペイントした画像が表示されました。

Ws000028_2
後はレンダリングするだけ。ヽ(´▽`)/

|

« modoからVueへのエクスポート | トップページ | COLLADA コラダでmodoをコラボする! »

modo」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281038/34745230

この記事へのトラックバック一覧です: modoからVueへ OBJファイル受渡し:

« modoからVueへのエクスポート | トップページ | COLLADA コラダでmodoをコラボする! »