« Lightroom2で動画管理 | トップページ | テキストの書式をスポイトでコピーする(illustrator CS4 win) »

2009年11月24日 (火)

Adobe Reader 9で前回表示したページを表示する

今までPDFファイルを開くたびに1ページ目が表示されるのが不便だなと思っていました。

でも設定すれば、終了時に表示したページ、表示倍率で起動できるようになります。

今日ようやく設定方法に気づいたのでメモしておきます。今まで気づかなかったのが恥ずかしいです。

【Adobe Reader 9の設定】

編集→環境設定→文書→「文書を開くときに前回のビュー設定を復元」→ソフト再起動後、設定されます。

Adobe_reader_9

【Adobe Reader 7の設定】

古いパソコンにver.7がありましたので、これもメモしておきます。

編集→環境設定→起動オプション→「文書を開く際に前回表示したページを表示」→「すべてのファイル」→ソフト再起動後、設定されます。

【Adobe Acrobat 9 Pro Extendedの設定】

もちろんAcrobatでもできます。Adobe Reader 9と同じです。

Adobe_acrobat_9_pro_extended_2

|

« Lightroom2で動画管理 | トップページ | テキストの書式をスポイトでコピーする(illustrator CS4 win) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281038/32338058

この記事へのトラックバック一覧です: Adobe Reader 9で前回表示したページを表示する:

« Lightroom2で動画管理 | トップページ | テキストの書式をスポイトでコピーする(illustrator CS4 win) »