« 毛ガニ顛末記 | トップページ | 燃ゆる秋 »

2006年12月15日 (金)

遅きに失する

Higashi_nippori0291

HASSELBLAD 500C/M Planar T* C80mmF2.8  RVP100

どうもハッセル標準レンズの80mmが扱いづらいと思っていた。最短撮影距離が90?と遠いので近寄って撮れない。接写用のレンズやチューブはあるが、面倒。 一番軽いのとF2.8と明るいのがメリットであるが、被写界深度がすごく浅く、2段くらい絞る必要があるため、あまり役に立たない。 そこでもっと寄れるレンズをと思い求めたのがディスタゴンC50mmF4。これは40?まで寄れるので、広角レンズといえどもかなりアップして撮影することが可能。 それと80mmでは黒よりも銀の方が好まれていたりしてどうも好きでなかった。 そんな訳で随分ご無沙汰だったのだが、久しぶりに使ってみて驚いた。出来上がったリバーサルフィルムをライトボックスの上で見ると非常にシャープな印象なのだ。フィルムスキャンを800dpiで行い等倍で画面で見るとすごく小さな文字まで読みとれる。解像度をもっと上げてスキャンしてもまだまだ大丈夫な感じだ。 フィルムはデジタルよりはるかに解像度が高いといわれているのは知っていたが、スキャナを十分に活用できていなかったため「そうは言ってもデジタルの方がキレイ」と思っていた。ようやくその誤りがわかり、プラナーC80mmの凄さも見えてきたような気がしている。

|

« 毛ガニ顛末記 | トップページ | 燃ゆる秋 »

30 HASSELBLAD 500C/M Planar T* C80?F2.8」カテゴリの記事

コメント

スキャナーの設定を、800dpiにするのですか?
パソコンがパンクしそう。
300でも中々ですが・・・・。

チリひとつもないものでスキャンすると
きっと綺麗でしょうね。

八ッセルの色合いに感激です。

投稿: masasann | 2006年12月18日 (月) 18時15分

>masasannさま
ハードディスク容量はどんどんなくなっていっています。

ホコリはスプレーでほとんど大丈夫なようです。
ちょっとうれしくなりました。

この車両の赤と青のあざやかさにビックリしていたところです。
ありがとうございます!

投稿: ima | 2006年12月19日 (火) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 毛ガニ顛末記 | トップページ | 燃ゆる秋 »