« 毛ガニ | トップページ | 放射冷却 »

2006年12月10日 (日)

東京紅葉物語

Sinnjyuku0091

HASSELBLAD 500C/M Sonnar C150mmF4  RVP100

紅葉写真というとどうしても京都やいろは坂や山に行かなければと思いがちですが、東京にも新宿御苑という名所がありますね。時間もあまりないので午前中のみ、急いで撮影しました。久しぶりのハッセルブラッドです。機材は出来るだけ軽量化するため、ディスタゴン50mm、ゾナー150mm、ただ軽いだけの三脚、ケーブルレリーズ、それと一応スポットメーター。晴れているので基本的にISO100でF16、1/60秒、これに段階露出すればOKなはず。フィルムはベルビア100が1本とアスティア100が1本。紅葉写真ならベルビアでしょと思うのだが、買い忘れていたのでしょうがない。 新宿御苑では朝早くからカメラマンがいっぱい。いいスポットは彼らの集まっているところでわかる。まったく真似してもしょうがないので、木漏れ日やいい雰囲気を探して歩く。木漏れ日を撮影するには、どうしても暗くなるので、三脚使用が必須。いいかげんな三脚しか持ってきていないが、ミラーアップして、揺れが収まったところで静かにケーブルレリーズを押す。露出はいつもアンダーになりがちなので、念のため1段明るくしてもう1枚。 翌週いつもの新宿キタムラで現像し、ようやくスキャンが終わった。今回はホコリを払うためエアスプレー缶を使用し、気を付けたつもり、スキャンははじめ300dpiで行ったが、600万画素デジタル一眼と同じ感覚で画像編集しようとすると、画像が粗すぎる。改めて600dpiで行うと今度は満足できた。 2400dpiでも試してみているが、あまりにも時間がかかりすぎるので必要に応じてやっていきたいところ。 フィルムスキャンも少しずつ上達していったらいいなぁと思います。

|

« 毛ガニ | トップページ | 放射冷却 »

30 HASSELBLAD 500C/M Sonnar T* C150mmF4」カテゴリの記事

コメント

御苑の紅葉!
う〜〜〜ん、と圧倒されて
そっか〜、難しいテクニカル ターム読みながら また圧倒されて。
奥の深さに 感動!

投稿: jun1940 | 2006年12月10日 (日) 15時27分

>jun1940さま
どうもありがとうございます。
カメラ用語ばかり書いて申し訳ないです。

やはりこれはキレイと思える場所は気合い入ってしまします。(笑)

投稿: ima | 2006年12月10日 (日) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 毛ガニ | トップページ | 放射冷却 »