« 信頼 | トップページ | 複眼 2 »

2005年4月 3日 (日)

複眼

01.jpg
PENTAX *istDs  DA14?F2.8 1/100sec. F4.5 ISO200

バイク乗りは、バイクのことを単なる機械と思っていないのではないだろうか。
今日はむやみに長文です・・・。

車もそうだと思うが、愛車に表情を見つける。
そして、まるで感情を持った生き物のようにいとおしく思えてくる。
また、自分とバイクが過ごした時間の中で起きた様々な体験を自分とバイクが共有しているかのような錯覚に陥り、自分の人生の一部のような気がしてくる。
一種の投影ではあるが、人それぞれになんらかの投影はしているのではないだろうか。
たまたま自分の趣味がバイクであっただけで、別にカメラであってもお花であっても、ペットであってもかまわないのだ。
自分の理解できない趣味の人を理解できないと思いがちだが、そうではなく、その趣味を理解できないだけであって、人そのものは理解することはできると思う。
今言ったように、なんなかの投影をするその人と、同じような投影を自分でも嗜好として行っているかもと想定してみる。
そうすると、新しい視点が開けてくるかもしれない。
逆説的に、無理に相手を理解する必要もない。
人の意見に自分が振り回される必要もない。
自信がないとどうしても何かこう権威とでもいったものにすがりたくなる自分がいるが、まずは自分のスタンス、最初は幼稚かもしれないが、自分のスタンスを持つことから始めたい。
自分のカメラの場合、そもそも遅くから始めたということもあり、いわゆるカメラ雑誌に乗るような写真や手法、フォトコンテストのためだけの写真を撮りたいとは思わない。
全て否定するわけじゃないし、技術は学んだ上で、あれこれいいたいところだが、まだまだ追付いていないが、写真のための写真はいやだなぁと。
最近の自分がそうなってきてるんじゃないかと思うところもあり、ちょっと行き詰まり感を感じているところ。
話は大幅にそれたが、独り身の自分にとっては、バイクや写真が今のよりどころとなっている。
そして、自分を投影するもの、あるいは自分自身と思っているフシがある。
そんなわけで、どうしても余裕なく、がむしゃらになりがちなところがある。
今日はひとりで飲んでいて、むやみに語りたい自分なのである。
ここまでの長文におつきあい頂きどうもありがとうございました。_(._.)_

|

« 信頼 | トップページ | 複眼 2 »

30 DA14?F2.8ED」カテゴリの記事

コメント

なれるのは とっても幸せなこと。
権威とか肩書きとかに頼る人には分からないと思いますけどね。

投稿: arisan | 2005年4月 4日 (月) 00時02分

>arisanさま
最後まで読んでくださったんですね。
ありがとうです。
そして、今ある権威や肩書きになんの魅力も感じない自分を信じてみたいのです。
そして、それらを乗り越えるにはそれに近づくのではなく、別の視点が必要かなぁと思います。
たとえば、自分しか見てきていないものや感じ方、今までに感動してきたものを大切にしたい。
自分が感動しないものに何か価値があるのでしょうか?
確かに気付かない自分がいるのはわかります。
しかし、人の感動をありがたがって、喜ぶ趣味はありません。
偉そうなことをいいましたが、理想論をいってみました。

投稿: ima | 2005年4月 4日 (月) 00時15分

私も非主流派であることにアイデンティティーを見いだしてるものですから、
こういう話って好きですね。 あれこれ試行錯誤しているうちに自分なりのスタイルって
見えてこないかな、、、部分的ならパクリだっていいじゃん、みたいな。
理想論っつうかすげー大事な事だと思いますよ
(ちょっとヨパラッテル)

投稿: ゲスト | 2005年4月 4日 (月) 01時14分

imaさん
人や、他人の趣味を理解するって難しいですよね。ある一面だけでは判断できないから。別の視点 ほんとに重要だと思います。いままでと違った何かが見えてきます。

私も写真好きでいろいろ撮っていますが、技術を習ったわけでもなく、ただ、いまこのとき と思った瞬間を撮るようにしています。そそ、自分が何かに感動した瞬間ってときですね。

ブログはじめて、写真を掲載すると顔も知らないいろいろな人が何らかの反応をしてくれる。そんな時は、自分の感動を理解してくれる人がいたーーーって、とってもうれしく思います。

投稿: kchoku/JEF | 2005年4月 4日 (月) 05時54分

自分が感動できるものこそ大事ですよね。
分かりますよ〜。

投稿: ゲスト | 2005年4月 4日 (月) 13時00分

「愛車が感情を持った生き物のように
いとおしく思える」・・・ 同感です
時に話し掛けたりしている自分がいますよ。

投稿: プチひまわり | 2005年4月 4日 (月) 16時38分

>ぴょんさま
試行錯誤の果てに何かが見えてくるのが不安なところもありますが、あきらめることなく自分探し的なことをしてみたいと思っています。
そこでは型破りであろうが、お構いなしでいいし、お手本どおりでは、お手本以上にはなれない訳ですし。

投稿: ima | 2005年4月 4日 (月) 23時55分

>kchoku/JEFさま
顔も知らない誰かが反応してくれる、そして、いつしか、ブログ仲間になっている。不思議なことですよね。
自分の写真がどのように見られるのかがわかるのは、すごく自分の励みになりますし、今度はもっと工夫してみようとか思います。

投稿: ima | 2005年4月 5日 (火) 00時09分

>サーベルタイガーさま
お初ですね。他人の感動を否定する訳ではありませんが、共感できないものを頭で納得させても意味がないと思うのです。

投稿: ima | 2005年4月 5日 (火) 00時12分

>プチひまわりさま
車にもそれぞれ個性がありますよね。見た目もそうだけど、エンジンフィーリングや故障などでも感じます。
昔、父が車で帰ってくるとエンジン音ですぐにわかったものですが、母は他の車の音とまったく区別がつかなかったようです。
また一つの特徴が分かると、よけいかわいくなって、もっともっとソイツのことを知りたくなるというパターンにはまりますね。

投稿: ima | 2005年4月 5日 (火) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信頼 | トップページ | 複眼 2 »